ピアノ

ブランドは高価

ピアノは音を奏でる楽器です。そして中には特殊なブランドがある為、高く買取りを行うことができる楽器なども多いです。著名な音楽家や演奏家が使用していた、世界に数点しかない楽器などであれば高額買取りしてもらうことができます。

続きを確認

再利用をしてもらう

楽器は長い間愛用していても使わなくなったり、新しいものに買い替えたりすることがあります。そのような時、今まで使っていたものが不要になってしまいます。そういったものはリサイクルショップなどで売ることができます。

続きを確認

古くなると高価になる

楽器は、古くなると価値が下がる物もありますが、中には、プレミアが着くものもあり、それらは高額になります。使わない楽器でも綺麗に手入れをしておくことで査定の時に高価買取りを期待することができます。

続きを確認

楽器を売る

楽器の買取はこちらの専門ショップにお願いするのがオススメですよ。楽器の価値をしっかりと見極めてくれます。

実家は音楽一家です。

父も母も音楽で仕事をしているので、私の家には防音室がありました。父はピアノで母はバイオリンをひいていて、私も小さいころからサックスをしていました。高校ではもちろん吹奏楽部に入学して結構な数の賞を頂きました。大学でも音大にすすみサックスをやり続けましたが、努力賞くらいの結果しか出せませんでした。残念ながらそれ以上の芽は出ずに、仕事も音楽と関係はしていますが、自分で楽器を演奏できるような仕事内容ではありません。自分の実力不足が100パーセントの原因ということは100も承知ですが、少し寂しいというのが本音です。実家から遠く離れたところでの勤務となるために、私は実家をはなれ一人暮らしをすることになりました。

サックスは売ることにしました

その時に気にかかったのがサックスです。小さいころから演奏してきて、今使っているものは入学祝いで父に買ってもらったものですが、結構ないいもので30万円ほどはしたと聞きます。思い出として取っておく事も考えたのですが、アパートではとてもひけるものではありませんし、実家においておくのも、音楽に未練があるようで嫌でした。そこで私が取った手段は買取です。サックスに限らず楽器は中古でも結構な値段で買取してもらえます。父からも了解をとり、サックスを買取ってもらうことにしました。どうせなら高いところでと思い楽器店をまわりましたが、その中で一番高いところで買取をしてもらいましたが、6万円の値段がつきました。そのお金を父に返そうかと思いましたが、もらえるとのことだったので、引越しの費用に当てました。